読んだマンガ2018

今更ながら2018年に読んだマンガです。感想は述べたり述べなかったりします。

基本的に、2018年中に1巻から読み始めたものだけ書いています。

微熱空間

微熱空間(1)

2018年ナンバーワンコミックです。別に1巻が出たのは2018年じゃありませんが。
3巻がいつ出るのかは謎。

既刊:1〜2

乙女怪獣キャラメリゼ

乙女怪獣キャラメリゼ (1)

僕の語彙力が足りないためうまく説明ができないのですが、感情が昂るとゴジラ怪獣に変身してしまう女の子が主人公の正統派少女漫画です。月刊コミックアライブで連載されています(なぜ?)。

既刊:1〜2

ランウェイで笑って

ランウェイで笑って(1)

めちゃくちゃ好きな作品です。文学好きの悪いオタクが推していたので買い始めました。
才能はあっても環境が足りなかったデザイナーの少年と、環境はあっても才能がなかったモデルの少女がファッション界を駆け上がっていく話です。服飾をテーマにしていますが、ちゃんと少年マンガしてます。

改めて「マンガに扱えない題材はない、あるように見えるとしたらそれはまだ誰もやっていないだけ」なのだと感じました。
途中まではすべて作者の自力取材だったようなのですが、最近監修が入ったので今後はさらに期待です。

既刊:1〜9

トニカクカワイイ

トニカクカワイイ(1)

悪いオタクいわく「弱いオタクは『誰と誰がくっつくんだ』みたいな緊張感に耐えられないので恋愛バトルストーリーが苦手、その点『トニカクカワイイ』は最初から結婚しているので安心」とのことです。大体そんな感じだと思います。
前作の悪夢を忘れるのに十分な面白さがあります。
恋愛頭脳戦するほうに対してリアルかぐや様と呼んでいます。

既刊:1〜4

かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜

かぐや様は告らせたい (1)

別に頭脳戦はしません。

特に最近読み始めたわけでもないんですが、流れです。

既刊:1〜13

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 (1)

Fate stay/night のスピンアウト『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』のコミカライズです。
原作読むのがだるいな~と思って買ったのですが思いのほか面白く、逆に原作が読みたくなりました。
絵に勢いがあって好きです。

既刊:1〜3

ヒストリエ

ヒストリエ (1)

ギリシア人貴族の家庭で育つもなんやかんやあって奴隷に落とされた主人公エウメネスが、やがてあの「アレキサンンダー大王」の副官になり波乱の生涯を送る(予定)の歴史マンガです。

(C)岩明均/講談社

などで有名ですが、中身はちゃんと面白いです。

最後に単行本が出たのは2017年の3月です。

既刊:1〜10

おわり


本文中の書影はすべてopenBDにより提供されています。また、その他の画像に付随する権利はすべて権利者に帰属します。